本院における院内感染防止対策の取組

本院では、患者様やご家族、本院の職員、来院者などに対し、感染症の危険から守るため、感染防止対策等に取り組んでおります。

感染防止のため患者様などにおかれましては、ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

【院内感染対策】

1.院内感染対策に関わる体制

本院では、院長を「院内感染管理者」と定め、「感染防止対策部門」を設置し、診療所全体で感染対策に取り組んでいます。

2.院内感染対策の業務内容

本院では、全ての職員が遵守する「感染防止対策業務指針」及び「手順書」を定め、標準予防策や感染経路別予防策等に基づき、職員の手洗いや消毒、状況に応じた感染予防を実施するため、防護服等の着脱など有事の際の訓練を実施しています。また、1週間に1度程度、定期的に院内を巡回し、院内感染事例の把握を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況を確認しています。

3.職員教育

全職員に対し年2回の院内研修を実施し、感染防止に対する知識の向上を図っています。

4.抗菌薬の適正使用

抗菌薬を投与することにより患者状態の改善を図ることができても、薬剤耐性菌が発生したり抗菌薬の副作用が生じたりすることがあります。このため、本院では適切な抗菌薬を選択し、適切な量を、適切な期間、適切な投与ルートでの投与により抗菌薬の適正使用を実施しています。

5.感染対策連携

本院では「外来感染対策向上加算」を算定しており、地域の「調布市医師会」との感染対策連携を取っています。

【感染予防にご協力ください】

・院内でのマスクの着用、入口での手指の消毒等をお願いいたします。

・待合室では間隔を空けてお待ちください。お子様等でマスクの着用が難しい方は、受付にご相談ください。

・発熱がある方や新型コロナウィルス感染症が疑われる方は、事前に電話でご連絡下さい。

〈職員の取組〉

・毎日職員に対して健康管理を徹底しています。

・業務中はサージカルマスクの着用、衛生管理を適切に実施しています。

〈医院の取組〉

・感染予防対策として遮蔽物の設置、一定の距離の確保、共用部分、共有物等の消毒、換気等を適時、適切に実施しています。

・発熱がある方を診察する場合には、時間的または空間的に動線を分けるなどの対策を講じています。

 

令和6年5月8日

よこすかレディースクリニック